小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


冬本番に向けての健康管理を!

こんにちはもあいの健康管理士の大森です
10月もあと僅かでいよいよ冬本番が近づいてまいります。体調の崩しやすいこの季節を元気に乗り切る為に、食事の面で気を付けることお伝えし行きますねhappy01
 
★冬を乗り切る食事法
  • 水分補給:冬は気温も低く、のどの渇きを感じづらい季節ですが、1日の水分の排泄量は季節の変化にあまり影響を受けません。つまり、夏と同様に水分補給の重要性は高いといえます。
水分補給は、風邪の対策や心筋梗塞の予防の面からも非常に重要です。水分を補給することで、のどや鼻の粘膜を潤してウイルスの侵入を防ぎます。また、痰や鼻水として体内に侵入したウイルスを排出するためにも水分が必要です。
心筋梗塞の予防としては、血圧を上げないことが大切です。寒くなって汗をかきにくくなり、のどの渇きに鈍感になると水分の摂取量が低下します。水分が減少すると、血液の粘度が上昇して血管が詰まり、結果として心筋梗塞を引き起こすことに繋がります。水分の摂取量の目安として、1日に1~1.5ℓを目安に摂取します。水の温度は、体を冷やさないためにも常温かぬるま湯程度のものを飲むことが大切です。のどの渇きを感じにくい冬こそ積極的な水分補給を心がけましょう。

  冬風邪.jpg
 
  • 体を温める食事:冬は乾燥や体温の低下から免疫力が低下しやすい季節です。免疫力を上げるためにも、毎日の食事を気にかけてみましょう。
免疫力を上げるためには、良質なタンパク質、ビタミン、ミネラルを積極的に摂取することが大切です。また、体を温める食材として根菜類やスパイス、薬味を取り入れた食事もおすすめです。根菜類は水分が少なく、ビタミンCやE,鉄分、そのほかのミネラルを豊富に含みます。ミネラルは体温調節を行う上で必要不可欠であり、ビタミンCやEは冬の寒さなど
の外的ストレスによって失われやすいため、根菜類やスパイスを使って不足しがちなものを補い血行を促進し、代謝を上げるための工夫をしてみましょう。根菜類は硬いものが多いのでスープで煮込み料理にすることで柔らかくなり、煮汁に溶けだしたビタミンを無駄なく摂取することができます。

温かい食べ物.jpg
 
冬に向けて今から準備をして、健康に過ごしましょう。何かあったら健康管理士に相談してみてくださいねshine

スタミナをつけて厳しい冬を乗り切ろーrock
IMG_6261.JPG
それではまたpaper

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:

〒184-0002
小金井市梶野町5-5-1 Dフラワー1階 東号

アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ