小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


「少年と砂糖」

こんにちは健康管理士の大森ですconfident

以前に砂糖の取り過ぎの弊害についてお知らせしましたpc
今回は、更に興味深い実験の話をご紹介しますflair
以下引用させていただきましたsign01
バージニア州の少年院に収容されている囚人を対象に
白砂糖の摂取を減らしたグループと普通食のグループの
それぞれの行動の変化を調べた。
砂糖を減らす対策として、
「清涼飲料水や炭酸飲料水を100%ジュースに変える」と
「砂糖の多いデザートとスナックをやめて、
代わりに新鮮な果物や種実類、野菜などにする」
を実施した。
この実験を行ったカリフォルニア州立大学の
シュテフェン・ショーエンセーラー博士によると、
砂糖の摂取を減らしたグループは普通食のグループに比べ、
反社会的行動が低下(46%減)した。
このうち特に変化が見られたのは、
暴行(82%減)、盗み強盗(77%減)、
命令への服従拒否(55%減)だった。
さらに、カルフォルニア州、ワシントンDCなどの12の少年院、
計8000人余で同様の調査が行われたが、
この大掛かりな調査でも反社会的行動の47%減という改善結果が出た。
この因果関係をさらにはっきりさせるためにショーエンセーラー博士は
5つの州の少年院の少年たちの食事の栄養成分などを分析した。
結果は、最も凶悪で凶暴な少年達の食事に明らかに不足していたのは、
ビタミンB1、ビタミンB群、そして、カルシウム、マグネシウム、
亜鉛、鉄などといった多くのミネラル群だった。
砂糖を過剰摂取すると、血糖の急増を防ごうとインスリンが大量に
分泌され、かえって低血糖になって「攻撃的になる」「イライラする」
「落ち着かなくなる」ことが犯罪に繋がると考えられる。
それに加えて砂糖の過剰な食事には前述のようなビタミンや
ミネラルが不足し、脳の神経細胞が正しく機能しなくなったために、
少年達が犯罪を重ねるようになったのだ。
アメリカでは、このような調査が行われている。
そしてそのすべてで「栄養が非行に影響を及ぼしている
食事バランスガイド」という結果が示唆され、全米多くの
少年院が食事プログラムの改善を実施するようになった。
「病気になりたくない人はこうしなさい!」山田豊文 著
興味深い実験結果ですねwink
これは
アメリカの実験ですが、食の欧米化が進んでいる日本でも同じことが言えるかもしれませんdown

カロリーはあっても栄養がない
そんなもので溢れていますsweat01
炭酸飲料.jpg

砂糖の弊害は以前もお伝えしましたが、更に言うと砂糖は栄養価が乏しいだけではないのですcoldsweats02
他でいくら食事をとっても砂糖は身体から
ビタミンカルシウムなどのミネラルを血管や骨から奪っていきますweep

そういうもの体が作られる子供の時から常用して食べていたらどうなるか・・・sweat02

私たちの体は自分たちが食べたもので出来ています。
身近にお子様がいらっしゃる方は特に気を付けてあげてくださいconfident

それではまたお会いしましょうpaper

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒184-0011
東京都小金井市東町4-42-1 サンヒルズ1F
アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ