小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


畑のお肉!!「大豆」

どうも健康管理士の大森ですhappy01shine

前回のブログでは、
「まごわやさしい」という基本的な食事についてのことをアップさせて頂きましたriceball
今回からはそこを一つ一つ分解して解説していければと思いますbook
 
まず初めは、「まめ」についてです。
まめを食すことによって良質な植物性たんぱく質を摂取することが出来ますbud
 
ここでは、たんぱく質とはどんな栄養素かを紹介していきますねwink

タンパク質を含む食品.jpg
 
◯たんぱく質とはどんな栄養素?
たんぱく質の特徴…たんぱく質は、約20種類のアミノ酸から作られる高分子化合物です。英語ではプロテインといいます。炭素(C)、水素(H)、酸素(O)、窒素(N)、イオウ(S)ナドカラ構成され、糖質や脂質との違いは、必ず窒素を含んでいる点です。
 
○たんぱく質のはたらき…たんぱく質は体内で、常に分解と合成を繰り返し、生命を維持するために重要なはたらきがあります。
筋肉や内臓から皮膚、爪、髪まで生体全てを作ると同時に、エネルギー源としても利用されます。
代謝に欠かせない酵素を作る。
消化管や脳神経系で機能を調節するペプチドホルモンを作ります。
体を感染から守っている免疫グロブリンを作ります。
血液凝固にかかわるトロンビンやフィブリノーゲンを作る。
全てのたんぱく質はDNAからRNAを経て合成され、遺伝子現象を発現します。
ヘモグロビンは酵素を運搬するはたらきがあります。
リボたんぱくは質は、血中で脂質を運搬します。
血液やリンパ液などの浸透圧を調整しています。
血液をアルカリ性に保ちます。
 
ざっと挙げただけでも人体にとって、とても重要なことばかりですねconfidentshine
更に、たんぱく質は体内に貯蔵することが出来ないため、常に一定量を摂取しなければいけませんflair
 
○たんぱく質の過剰と欠乏
摂りすぎたたんぱく質は、そのままでは体内に貯蔵されません。肝臓で分解され、グリコーゲンや脂肪に変換されてエネルギー源になります。
健康な成人で、体重1グラム当たり2グラム以上のたんぱく質を摂り続けると腎臓は余分な窒素化合物を絶えず尿中に排泄しなければならなくなり、機能低下を引き起こしてしまいます。
高齢者では特に、食欲不振や嚥下障害から、たんぱく質エネルギー低栄養障害に陥ってしまうことがあります。低アルブミン血症を引き起こし、体力や免疫力が低下してしまいます。その結果、感染症や合併症を誘発してしまいますsweat01
免疫力低下.jpg
 
たんぱく質を構成しているのは20種類のアミノ酸ということは紹介しましたが、大豆は植物の中でも20種類のアミノ酸の中で、体内で合成することが出来ない必須アミノ酸を理想的なバランスで含んでいる良質たんぱく質であるといえます。
 
大豆はそのまま食べるよりも納豆や豆腐、味噌などの発酵した食品がオススメです。植物性のたんぱく質の吸収効率がアップするだけではなく、天然の酵素が豊富に含まれるようになるからですup
大豆食品.jpg
 
毎日の食事の中に、少しずつでも取り入れていきたいですねhappy02good
次回は「命の油」を含んでいる「ごま」についてアップしていきたいと思いますpc
お楽しみに〜papershine

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒184-0011
東京都小金井市東町4-42-1 サンヒルズ1F
アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ