小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


糖質摂り過ぎてません?

どうも皆様こんにちはhappy01

健康管理士大森ですpaper

ダイエットカウンセラーとして、日々多くの患者様と向き合わせていただいている毎日ですdash
そんな中で患者様の食事の内容を聞いていくと気になることがありましたので、今日はそれについて書かせていただければと思いますbook

それはズバリ糖質についてですflair

toushitu.jpg
人間の体にとって欠かせない栄養素の糖質ですが、取りすぎてしまうと体にトラブルを引き起こすこともありますbomb

糖質は、炭水化物から食物繊維を抜いたものでタンパク質、脂質と並ぶ3大栄養素の一つで脳や体を動かすエネルギー源にもなります。
砂糖や果物などの甘いものだけでなく、ご飯やパン、麺類、イモ類などにもデンプンとして含まれています。

mig.jpgのサムネイル画像

【過剰症】
エネルギーとして直ちに利用されない場合は、グリコーゲンに合成されて肝臓や筋肉に貯蔵されたり、中性脂肪となって貯蔵されます。そのため、糖質の摂り過ぎが続くと、肥満脂肪肝の原因にもなりますup

【欠乏症】
米を主食とする現代の日本人にはあまり考えられませんが・・sweat02糖質が不足しても、通常はそれ以外のエネルギー源であるタンパク質や脂肪が分解されて充填されますthunder
不足が続くと、脳と筋肉はブドウ糖をエネルギー源とするため、エネルギーが足りなくなり、体力が落ちたりする。また空腹時のエネルギー源となる筋肉や肝臓内のグリコーゲンが少なくなると、疲労感が強くなって肝臓の働きが低下し、脳のブドウ糖が不足すると思考能力が低下しますwobbly

上にも書きましたが、現代の日本人にとって糖質が不足することはほとんど考えられないと自分は思います。糖質は主食だけではなくお菓子やジュースなどにも大量に含まれているからですcakebread
逆に糖質が肥満の原因になるといわれて、一時期は糖質制限ダイエットなるものも流行りましたよね
ただこれも正しい管理をしないと、痩せなかったり、逆にリバウンドしてしまうこともありますのでお気を付けを・・coldsweats01

糖質、特に砂糖の摂り過ぎは万病の元とも言われています。
血液中のブドウ糖がタンパク質と結合して、体温で熱せられることを「糖化」といいますが、糖化が起こると体内にAGE終末糖化産物(以下AGE)という強いどくせいを持つ物質が産生されますflair

AGEは皮下のコラーゲンを破壊して肌の弾力性を失わせるだけでなく、骨の老化も起こし、血管に蓄積すると脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなってしまうのです。


AGE図.jpgのサムネイル画像

さあ、みなさん糖質の取りすぎが段々と怖くなってきましたかsign02明日からの行動を変えるのはみなさん次第ですgood

そうはいってもどうしたらよいか分からない方の為に、次回は理想的な食事について書いてみたいと思いますねwinkshine

ではではまたお会いしましょうpaper

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒184-0011
東京都小金井市東町4-42-1 サンヒルズ1F
アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ