小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


体内時計を活用した効果的な食事法(夕食編)

皆様、こんにちはhappy01

健康管理士の大森です。先日健康管理士の資格証が届きました~memodash

証明写真が必要とのことでそれも送付して申し込んだのですが・・
出来上がりの写真をみたスタッフからは「何かの研究員みたい」との評価を頂きました・・coldsweats01

普段あまり着ない襟付きのシャツをきて撮影したのですが、それが違和感だったのかもしれませんsweat01
一応、画像も載せておきますねgood
Evernote Snapshot 20170406 125333.png



さあ、気を取り直してconfidentshine
続いては「体内時計を活用した効果的な食事法(夕食編)」です。

一日の締めの食事で気にすべきことをお伝え致しますmoon3

●「夜はBMAL1(ビーマルワン)

基本的に夕食は、就寝3時間前には済ませるようにするとよいと言われています。
それは夜になると、内臓などの臓器は活動を抑えた時間帯となるからですsleepy
例えば、寝る前に食事をとると、胃腸が消化活動に働き、体が活動モードになるため寝つきが悪くなりますdown

また、胃の中に食物が停滞し、朝起きた時に
胃もたれを感じやすくなのですbearing
夕食の時間が遅れた場合は、翌朝、空腹感がなく朝食の欠食に繋がり、末梢時計の働きを阻害してしまいます。
朝食をしっかり食べる為にも、夕食の時間が遅れないように意識することが大切ですねgood
 
夕食をとるうえでは、「BMAL1」の量を考えることも大切です。

BMAL1って何?

BMAL1とは、体内リズムが正常に機能するように調整する時計遺伝子の一種で、体内に脂肪を蓄積する働きがあり、別名、肥満遺伝子とも呼ばれています。
BMAL1の量は、時間帯により増減することが明らかになっていて、22時〜午前2時までの間が最も多い時間帯となる。つまり、BMAL1の量が多い時間帯に食事を取ると、脂肪となって体に蓄積されやすくなのです。・・怖いですね・・shock

残業などで21時ごろまでに夕食が取れない人は19時ごろまでに脂肪になりやすい炭水化物を食べ、帰宅してからは消化の良い軽めの食事を補うといった分食をすると良いですriceball
また、朝食や昼食をしっかり食べ、夕食は控えめにすることが望ましいといわれています。

食事のことなど気になることがありましたらお気軽にご相談くださいnoodle

ではまた次の機会にお会いしましょう~paper

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒184-0011
東京都小金井市東町4-42-1 サンヒルズ1F
アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ