小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


体内時計を活用した効果的な食事法(朝食編)

どうも1週間ぶりの更新になります。

健康管理士の大森ですconfident今回は私がアップさせていただきますshine

今回皆様にご紹介するテーマは「体内時計と食事」ですclock

今回は、誰もが身体の中に持っている体内時計についてのお話をさせて頂ければと思います。

胃や腸、肝臓などの臓器の働きは、時間によって活動の度合いが異なります。すなわち、同じ量の食事を摂ったとしても、食べる時間によりエネルギー代謝に与える影響に違いが生じます。

「いつ食事を取ると良いのか」「食事の内容は体内時計にどんな影響を与えるのか」ということを意識して食事をすることで体内リズムに合わせた生活を送ることができます。

まずは朝食から・・

①「朝はセロトニン」

朝食は、脳と体を目覚めさせ、1日を活動的に開始するためのスイッチでもあります。起床後1時間以内に朝食を取ることが理想的だそうです。

私たちの体は、夜になるとメラトニンという睡眠ホルモンの働きにより眠くなります。メラトニンセロトニンを材料とする為、セロトニンを増やすことで質の良い睡眠にも繋がります。

セロトニンは、材料となる必須アミノ酸のトリプトファンを含む食品や生成に必要なビタミンB6を取ることで合成が高まり、太陽光を浴びることで分泌が促進されます。トリプトファンは体内で合成することができないため、食事から取り入れることが必要です。

つまりこういうことですね・・happy02

toriputofann.png


〈トリプトファンが多く含まれる食材〉
肉、魚、卵、大豆製品、乳製品、牛レバー、豆乳、チーズなど・
banan.jpg
ダウンロード.jpg
プロセスチーズ.jpg
大豆製品には多く含まれていますが、普段の食事で大量に取るのは難しいと思います。豆腐や納豆など普段の食事で継続して取ることをオススメしますhappy01flair

体内時計は、脳のエネルギー源である炭水化物と体をつくる元となるタンパク質の両方を取ることで、体をリセットする働きが高まると言われています。

ビタミンやミネラルなど体の調子を整える為の栄養素を一緒に取ることが望ましいですが・・

朝食をとる習慣のない人は、バナナやヨーグルト、野菜ジュースなどの手軽なものから、朝食をとる習慣を付けていけると良いです。
バナナにはトリプトファンビタミンB6も含まれていますからねbanana

朝から栄養をしっかり取って、太陽光を浴びてsun元気に体をスタートさせてみてはいかがでしょうか?

長くなってきましたので、昼食、夕食編は次回にさせていただきます。
お楽しみにーpaper


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒184-0011
東京都小金井市東町4-42-1 サンヒルズ1F
アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ