小金井市にある無痛骨格治療を行う整骨院

もあい鍼灸整骨院


スタッフブログ

砂糖の摂りすぎ・・第3弾

更新

こんにちは健康管理士の大森ですhappy01
みなさま。いかがおすごしですか
sign02

今年もあと2か月。だんだんと肌寒くなって参りましたねtyphoon
前回に引き続き、今回も砂糖の摂りすぎについてです。

取り過ぎは良くないと分かっていても、ついつい・・・なんて方、たくさんいらっしゃいます
よねsweat01
身体への影響は数知れず・・・sweat02
今回もその一部をご紹介しますpaper

●砂糖とは....
サイトキビやサトウダイコンから植物繊維、ビタミン、ミネラルを取り除いたショ糖のことです、このショ糖はブドウ糖と果糖からできてる白い粉です。そういうことなので、砂糖は、食べるものと言うよりも、純度100%の化学物質なのですcake

スナック菓子、ドーナツ、ケーキ、チョコレート、餅菓子、などの甘いものを食べ始めると、やめられなくなりますが(依存性があるからです)。

甘いもの.jpg

..........この砂糖を慢性的に食べすぎると、血糖をうまくコントロールできなくなることがあり、血糖が下がりすぎる事があります(イライラする・頭痛・すぐにキレルなどの症状がでます)bearing
...これが、「低血糖症」です。

ブドウ糖は脳と体のエネルギー源なのですが......低血糖症になると....、
脳がエネルギー不足になり、正常に働きません。
むしろエネルギー不足になりますので、不安・不眠・怒り・ドキドキなどの、精神的なさまざまな症状が現れてきます。

●低血糖症の症状

低血糖症状.jpg

(低血糖症で消化器官も異常をきたします、胃液が過剰に分泌される状態を引き起こし、長く続くと胸焼け、胃潰瘍などになることがあります。ひどい場合には胃潰瘍になったり、更には裂孔ヘルニアにさえなっても不思議ではありません...低血糖発作を起こして意識を失うこともあります...(貧血症や月経前症候(PMS)と似てます)

そして、イライラや精神的疲れを取ろうとして.....さらに..砂糖(甘いもの)をたくさん食べるようになり、血液中のブドウ糖レベルが上がりますので、「膵臓」からインシュリンが放出されるのですが.......長年、甘いものを食べ続けた(食生活)結果、膵臓が疲れ果てて、今度は高血糖のままになるために、今度は糖尿病(第2型糖尿病)が発症します。



●糖尿病の合併症リスク
糖尿病リスク.gif

血糖が下がると、副腎からアドレナリンが放出されるために、人はイライラし、攻撃的になります、血糖が低いのが低血糖症で、その反対の血糖が高いのが糖尿病なのですup

正反対の病気に思えるでしょうけど......どちらも、血糖レベルをうまくコントロールできない病気なのです.......それどころか、低血糖症は、糖尿病になる一歩手前の状態なのです。

こうした患者さんの精神的(イライラ・不眠・ドキドキ・頭痛・不安)な訴えを不定愁訴と言いますが....たいてい、「慢性疲労症候群」とか「うつ病」、と診断されることが多いのです。
砂糖やアルコールの過剰摂取は、精神を安定させるよりも、低血糖症になりやすいので、突然イライラしたり、暴力、(性格が急に変わることもあります)を引き起こすこともあるのです。

うつ病と診断された、その症状は.......実は、血糖レベルの不調なのかもしれません...down
「甘いもので自分を元気づけることはできません」

イライラ・怒り・うつ・疲労などに襲われると、病院では、ほぼ確実に「うつ病」と診断され、抗うつ薬、睡眠薬、抗不安薬を処方され、副作用と10年20年と依存性が強い薬を飲み続けることになります。

皆様も甘いものをやめて健康回復してくださいwink

今後も皆様の健康の為に、少しでも力になれるようこれからも尽力していければと思いますshine

それではまたpaper

2017年11月07日 更新

スタッフブログ新着記事一覧

「少年と砂糖」
こんにちは健康管理士の大森です以前に砂糖の取り過ぎの弊害についてお知らせしました今回は、更に興味深い実験の話をご紹介します以下引用させていただきましたバージニア州の少年院に収容され...
2017年10月30日 更新
自然のままの糖質と食物繊維!
こんにちは健康管理士の大森です「まごわやさしい」最後の一文字の「い」は、イモ里芋、サツマイモ、ジャガイモなどのイモ類のことを指し、糖質や食物繊維の摂取にオススメです 糖質...
2017年08月25日 更新
免疫力アップの救世主「キノコ」
こんにちは健康管理士の大森です「まごわやさしい」もあと2つです。まごわやさしいの「し」は、椎茸やしめじ等のキノコ類です キノコ類は、βグルカンや食物繊維の摂取に...
2017年08月25日 更新
古くから日本人に愛され続けている栄養源「魚」
こんにちは健康管理士の大森です今回ご紹介させていただくものは、まごわやさしいの「さ」=魚です魚には良質なタンパク質、オメガ3脂肪酸であるDHAとEPA、ミネラルと身体が喜ぶ栄養素が...
2017年08月25日 更新
現代人には不足している食材「やさい」
どうも健康管理士の大森です前回までで「まごわやさしい」のご紹介もやっと半分まできました今回は折り返し地点である「や」=「野菜」についてアップしていければと思います「まごわやさしい」...
2017年08月25日 更新

もあい鍼灸整骨院のご案内

住      所:
〒184-0011
東京都小金井市東町4-42-1 サンヒルズ1F
アクセス:
JR中央線 東小金井駅から徒歩30秒
お問い合わせ・ご予約
042-384-3384
受付時間:
月・火・木・金 9:00~20:00
水 9:00~12:30/17:00~20:00
土 9:00~17:00
休診日:
日曜・祝日・第3木曜日の午後

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ